上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



手術日から今日で、1ヶ月と10日。

痛々しかった傷口の色も、ずいぶんうすくなってきた。


でも、入浴時に暖めると、PMの周囲がうずく。


内部の組織が再生するには、

やっぱり、3ヶ月は必要なのかもしれないナ。

うっかり傷つけた手の爪も

感染症を心配して、抗生物質の軟膏を刷り込む。


勉強会の小山先生の講義で知った口腔衛生の大切さが

頭に残っていて、就寝前の歯磨きはハブラシ特に念入りに…。


大勢が利用する浴場も感染症の危険有りとかで

好きな温泉温泉行きも、しばらくはお預け。


自他共にかばっているせいか、

はたまた、この暑さのせいか

この2~3日、体力の低下が気になる。


脚力だけは衰えさせないようにと

毎日、駅までの歩きは頑張ってきたけれど、

いかんせん、この暑さではショック!


お調子者の私は、すぐ忘れてしまうので

自戒の意味もあって、術後、一ヶ月と10日

再認識させた。



 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



朝、8時40分、右腕ににつながった点滴の
ポールを押しながら、看護士に付き添われて
手術室へ。


助けを借りて自分で、手術台に上ると数人のスタッフの手で
手際よく下準備が進められる。


主治医が寄ってきて
「じゃあ、はじめるよ」と。汗


最初の局部麻酔の針がすっごく痛かった注射(><)


古いPMを外すまでは大変な緊張だったけど

(見えているわけではないのに、スタッフの会話から
手術の状況を勝手に想像してしまうのよね~)


新しいPMに付け変わってからは、いくらか余裕も出てきた。


縫う針の痛さと、局麻の針の痛さ、

どちらを選ぶべきか?なんて考えたりして。


病室に帰って、家族に時間を聞いたら、
1時間ぐらいで、帰室していた。


傷口に砂袋を乗せて、1時間だけ安静。


その後は、抗生物質の点滴を引っ張りながら
トイレにもOK.


点滴が、外されるころ、昼食が運ばれてきた。
なんと!朝抜いた朝食も一緒で、ものすごく豪華クラッカー

病院食がこんなに美味しいと思ったのは初めての経験。


娘が「ルンルンで居られるのも今のうちよ」と薄笑いしてたけど
まさに正解合格あせる


麻酔が切れてからの痛さったら(><)

「何とか、痛み止めを飲まないで我慢」なんて無謀だった。

3時半頃には、遂に「薬をください」。


一日3回まで許される鎮痛剤。

翌朝、担当医に「痛み止めも効いているようなので、今日退院にしましょう」と

言われ、無駄な抵抗だったんだと痛感。猛反省反省!


記念(?)にもらった古いPMをバッグに
無事退院。


入れ替えを心配した術前がうそのように
思えるのもありがたい。


                             6/10記


因みに、抜糸は一週間後の外来で…。


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



いよいよ、入院当日。

10時までに病院に入るので
朝のラッシュの終わり頃。


dannaにキャリーバッグを持ってもらい病院へ。


「どうせ、今日は検査だけだから」と
あっさり会社へ行ってしまうdanna。


よその奥さんに付き添ってきたご主人は
入室まで、付き合っていたなあ。


個室に案内された後、パジャマに着替えて
心臓のレントゲン、エコー、心電図、採血を受ける。


3時過ぎ、再び来院してくれたdannaと娘が
担当医から、手術内容の細かい説明をうける。


食事は心臓専門病院なので、塩味がうす~いのだが、
心配してきてくれた、息子と娘に見守られて食べる夕食は
なんとなく幸せな味がした。


子供たちが帰った後、窓の外でけたたましいサイレンの音パトランプ

いつもの野次馬根性丸出しで、窓際に駆け寄る。


広い通り向こうの焼き鳥屋らしき店が、火元らしい。

消防車、はしご車、救急車にパトカーと

消防車(ポンプ)色違い 消防車(はしご) 救急車 救急車 パトカー 

ざっと数えて12~3台。


それに、(私のような)やじ馬が集まって…。


結局、放水することも無く、引き上げていくのもアッという間。


日ごろ見慣れない都会の夜の喧騒にいくらか興奮して

ベッドに就いた手術前夜だった。


                                      6/15記





 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



昨年暮れから、定期検診までの間隔が短くなった。
3月に行って、次は7月の予定。
~が、次回の外来にまだひと月以上あるというのに
1週間ぐらい前から、何か体調がすぐれない。

頭がふらつき始めた。
ため息が良く出る。

左肩甲骨の強いコリが出てきて、アッと。

「PMを入れる前と同じ症状だ!」


~ということは?
電池が減ってきてるのかもしれない。

PM外来で相談。

「機械に異常はありませんが、もう3ヶ月の内ですから
入れ替えましょう」と。


一番心配した、-テンポラリーーは「必要ないでしょう」と言われ安堵する。


手術日が決まって安心したのか、いくらか状態も安定していたので
美容院で、シャンプー、と買い物。

やっぱり夜10時ごろから、不安感出て、ベッドに座って様子を見る。
翌日も軽い頭痛、肩こり、喉もとの突き上げ感あり。


でも、脈は78もある.
(設定は60、何もしていないのに
息苦しいときには70以上になっているのがわからない)


「あと数日の辛抱」と自分に言い聞かせる。



                               6/12記







 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



1月の中頃、何気なく見ていたドラマの
殺人事件。

「PMを入れていた悪いやつが
亡くなった人形師が人形の目玉に 
仕組んでおいた静電気の蓄電器で死ぬ」という設定。

???


今まで、聞いたこともないし、少し心配もあったが
若い人相手のドラマなので、周りでは

話題にもならなかった。


でも、さっき放送局から謝罪文が発表された。

こんなことで、PMを悪用されるようになったら
怖いもの、良かった!


ナンデモ、ネタにしたいのが作者の本音だろうが、
埋め込んでいる人の不安を考えて。爆弾


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。