上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



源氏物語を教えていただいている先生が、
漢詩の夏休み講座を開かれるというので、
友人と誘い合って参加した。


ちなみに、この先生も、ペースメーカーの先輩。


昔、詩吟をかじったせいもあって、中国に
惹かれた時期があった。


墨絵のような景色に憧れて桂林まで行ったし、
三峡下りのクルージング ツアーには一人で参加した。
dannaは その気ぜんぜんなし!

できれば、敦煌にも行ってみたかったなあ。


健康に自信を無くしてからは、さすがに
挑戦する気力が失せた。


でも、久しぶりに、漢文にめぐりあって懐かしかった。

それも、私の大好きな項羽劉邦、それに虞美人の歌。


虞や虞やなんじを奈何せん 項羽

最後の酒宴で、悲痛な叫びを歌う項羽


それに、こたえて、
賎妾 何ぞ生にやすんぜん  虞美人

と剣の舞をまって、自害する虞姫

いろんな舞台での名場面である。


劉邦は、農民の子として生まれ、
人に好かれ、又、人を使うのも巧みだった。

項羽を破り、漢王朝の高祖となる。

安(いずく)にか猛士を得て 四方を守らしめん  高祖


が、私は対照的な人柄の項羽に惹かれる。

戦国時代でも、信長がいい!


戦い上手で、連戦連勝、
しかし、疑いぶかく、感情の激しい性格がゆえに
最後は、自刃に追い込まれる、と両者には共通点が多い。


潔いところが、いいのか。
日本人特有の判官びいきかな。


最後に、謡曲の「項羽」の一節を朗々と。

この暑さにも負けず先生、お元気。
私の、身近なお手本です。


また、6ヶ月先の検診になったよ」

電池の期限が来ているので、気にしていた先生が

そばに来て、嬉しそうに囁かれた。

よかったですね


スポンサーサイト

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



Secret

TrackBackURL
→http://achan70.blog106.fc2.com/tb.php/74-3419e695
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。