上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



イボがとれた

目の上のタンコブならぬ、目の下のイボがとれたっ。

かのイボを1年以上も掛けて大事に栽培芽してきたのは
我がDannnaである。


最初は、黒いぽっちりで気にも留めなかったのが、

段々日を追うごとに背が伸びて8mmぐらいの高さに成長花

その上、メガネの下縁に沿って、先っぽが上へUPしてくるではないか。


本人は気にならないと言うが、顔を付き合わせる相手にしてみれば、

目のやり場に困ってしまう。


ましてや、他人様はじっと見つめるわけにもいかないし、

笑いをこらえるのに、毎日苦労していることだろう。


ここは内助の功を果たさねばと、一大決心、

無理やり大学病院の皮膚科へ付き添っていく。


「中に血管が通っている事もあるんですよね」
ちょっと心配で尋ねるDanna。

手術日を何日にするか迄、覚悟を決めていったのに
何と、その場でちょいちょいと、冷凍処理はてなマークをされ帰ってきたのである。


段々しなびて、上向いてた先っぽがだらしなく垂れダウンってきた。
これもおかしい図である叫び


1週間くらい経った夜、「とれた~チョキ」って。
指先に、丸めた鼻くそみたいなものを、大事に持って見せにきた。


医学の進歩を改めて確認・・・というより
イボは切開して取るとばかり思っていた、こちらが時代遅れだったのだ。

兎も角、めでたし、めでたし音譜


スポンサーサイト

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



Secret

TrackBackURL
→http://achan70.blog106.fc2.com/tb.php/6-0ffcecef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。