上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



7月10日朝 着岸した釧路桟橋は霧に隠れていた。

朝8時半に<釧路湿原ノロッコ号ツアー>に参加するためのバスに乗り込み出発。
港を離れると共に霧が晴れて、ウソのような快晴がひろがる。
釧路の港は潮の流れのせいか、こんな日が多いらしい。

先ずは、標茶の郷土館で1時間位、散策をしたり資料館を覗いたりしたが、
その間、残念ながら、動物の姿を見かけることは出来ませんでした。、

釧路湿原


塘路駅に向かい11時半発のノロッコ号に乗車。
列車は、曲がりくねって流れる釧路川に沿って走り、ビューポイントではその名のごとく、
のろのろと走り、都会では味わえない大自然を満喫させてもらった。

ノロッコ


2時の出航時間が迫っているため、釧路駅では、お土産を買うことも、トイレも許されず
バスへ直行。
ちょっと残念。

バスが港に近づくにつれて、又深い霧に包まれ、目の前に見えるはずのプリンセスの
大きな船体も、寸前までまるで見えない。

明日はロシア海域に入るので、帰船と同時に、全員出国手続きをする。

キャビンに戻ってから、ホライゾンコート(ビュッフェ)に行って冷たい生ビールと遅いランチ。

あんなに急いだにも拘わらず出航は2時間遅れる。
その間、見送りをする為に岸壁で待機してくれている人達が気の毒。

釧路港


後で知ったことですが、この人達は、「釧路港おもてなし倶楽部」の皆さんで、
小さい子供を連れた親子連れや、学生さんのグループまでが、いろいろ趣向凝らして、
客船が着くたびに見送りをしてくれているらしい。

ゆっくりと岸壁を離れる船、港で奏でられる野田和秀さんのサックスの音色が、
濃霧の中にいつまでも響いていました。

<「釧路港おもてなし倶楽部」の皆さん、上陸時間の少なかった釧路でしたが、
 素敵な思い出を有難うございました。>


夜のベッドメーキングの後、枕の上には「時差の為、時計を1時間進めるように」と書かれた、
カードが置いてありました。

時差カード

スポンサーサイト

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



Secret

TrackBackURL
→http://achan70.blog106.fc2.com/tb.php/324-278b6966
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。