上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



虹に続いてa-chanの野次馬ぶり。


今日の部分日蝕は日蝕めがねが売り切れてたので、

観測はあきらめていた。

その上、朝から雨ameが降っていたし…。


美容院を10時30分の予約をとって出掛ける。

11時ごろ、店の前で空を見上げていた店長が

「見える、見える」と呼びにきた。


若いお客さんや、スタッフは飛んでいったけど

最近、目が弱い私は、裸眼でみるのが怖くて辞退。


「今晩のテレビでやるでしょう」

外の騒ぎを無視して雑誌を…。


でも、「○○さん、やっぱり見たほうがいいですよ」

担当の美容師に強引に腕を取られて、しぶしぶ外へ。


雨が上がってうす曇の空に、

三日月のような太陽が見えた。


雲を通しているのでそんなにまぶしくもない。


26年後は無理だから、見ておいてよかったのかな?


ちなみに、その時の私のいでたち

ヘアダイ途中の頭は、タオルで巻いて

長くて黒いケープをひきずったおばさん。


通りすがりの人たちに混じって「見えた~っ」


後で考えると、我ながらふき出してしまう。

やっぱり、野次馬だあ。




スポンサーサイト

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



2009.07.19 虹が出た~!

夕方のひととき。
ぱらついてきた雨の中
窓を閉めて周っていたら
東の空にくっきりと虹が!

それも、二本。


「お父さん!来て、はやく~!」

呼んでおいて、自分はカメラを取りに走る。

なんて久しぶりなんでしょう。
興奮しちゃったなあ。


a-chanの手習い日記

a-chanの手習い日記

しばし、見とれた後
「そうそう、子供たちにも教えてあげなきゃあ」


息子のところでは、もうママがベランダでパチパチやってた。


娘も、カメラ片手に廊下に出て。


段々、薄くなりながら、高く上っていく七色を見ながら
つくづく「私って、野次馬かしらね~?」
                          7/19夕


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



今朝の夜半に見た赤い大きな流れ星2つ
どうにも気になる。

思い切って、三鷹の国立天文台にメールで
問い合わせをしてみた。


1週間ぐらい掛かるということなので
そのつもりでいたら、夕方には回答のメールが入る。音譜

とっても、親切な解説で。


その要略をしるしてみる。


私たちが目撃した「火の玉のような赤い星」
火球(かきゅう)と呼ばれる,珍しい現象.


流星は,宇宙を漂っていたチリが地球大気に衝突する現象.

このチリのサイズや衝突する際の速度によって,
地上で観測するときの明るさが変わる.


火球は流星のとても明るいものを指すが,
流星群の場合は、地球に突入する速度が一定なので,
「明るかった」ということは「サイズが大きかった」
ということを意味する。


徳島海南天文台で2004年に観測された火球

http://www.monterosa.pages.jp/FB/20040902/


夕方のテレビニュースでも赤い流れ星が見えたと
報じていた。


家の中から、限られた窓枠の中で見られた現象に
再び、感激をあらたにする。クラッカー



 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



昨夕から、観測のために来て、
待機していた娘と12時過ぎてから
ベランダへ。

虫除けを塗って椅子まで持ち出し
やく1時間半。

周囲の明かりも程よく消えて、
目が慣れてくると、時々スーッと細く短い流れ星が・・。
2人で5個観測。

でもさすがに首が痛くなり、蚊にも刺されて
室内に避難。


尚、未練がましく窓ガラスごしに空を。
遂には、マットと枕を持ち出して、二人して横になって
眺める。
幾らなんでも、これで流れ星は無理でしょう。

半分諦めて、おしゃべりをしながら、それでも
目はしっかり窓の外を・・。


と、そのとき

「流れた!」
目の前を火の玉のような大きさの星が
長い尾を引いて流れた。


起き上がって、二人とも、呆然。
今まで見た中であんな大きな流れ星ははじめて。

身体に震えが走った。

時計を見ると、丁度2時。
しばらく興奮さめやらぬ身体を、又横たえる。

「これで、今夜の観測の目的は達成ね」
等とは言いながらも、まだ未練がましく
空をチラチラ。


と10分ほどして、又、同じ北東から南西に向けて、

火の玉のような星が流れたのだ。


信じられないくらいラッキー音譜

二人で徹夜して頑張った甲斐がありました。


あれは、隕石みたいだったなあ。

とりあえず、興奮冷めやらぬ内にと
書き留めた。


結局4時までに22~3個観測できた。


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。