上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



幾日も前から騒がれていた台風18号。
今日、遂に東海地方に上陸。
東京にも、少なからず影響が出ている。
夫婦二人、昨日から外出もままならず、ただじっと
台風の過ぎ去るのを待つばかり。

小降りになったので、せめて近辺の散歩でもと思っていると携帯が
鳴り出し、「豪雨予報」を送ってくる。
有難いことに、殆どは心配するほどではないのだけれど、たとえ1件でも当たれば
従わざるを得ない。

結局は、せめて部屋の片付けでもしてと、気を紛らわせてたはいるけれど、
折角歩くことの爽快さが蘇ってきた身には辛い。

夕方、5時ごろ、突然夕日が差してきたと思ったら東の空に大きな虹が出た
一旦は消えたものの、またまた現れて、しかも2本。

にじ_2


黒い雨雲の中に、ひときわ明るく、そして眺める私たちの気持ちもひと時
明るくしてくれた。

丁度来ていた孫(3歳)に見せたら「ワーツ!」と感激した後に言った言葉
「早く御家に入らないと、オズの国へ連れてかれちゃうよ」だって。
夢があるんだか無いんだか?(^_^;)
スポンサーサイト

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



毎年、夏しか顔を見せないのに、玄関を入ると奥さんの元気な声が
「いらっしゃいませ~」と迎えてくれる「照坊ず」。
(とても、お孫さんがいるとは思えない可愛らしい声)

東京の我が家の近くでは、最近中華とはいっても、特色を売りにしていて、
昔ながらの中華が食べたいなあと思うとき、「照坊ず」が懐かしくなる。


ご主人は東京の有名中国料理店で修業されたと聞いたけど、食材も味付けも抜群。

お値段は、ちょっと高め?だけど、満足感は充分。

1週間の滞在でも、いつも2回以上は顔を出すことにしていた。

夜のコースは前日までの予約のみなので、いつも単品を頼む。
たっぷりとふかひれの入ったラーメンは、
お勧めで二人でシェアして、ほかの料理も注文する。

お昼は10食のみの日替わりランチコースを楽しみに行く。
勿論シーズン中は早く行かないとなくなってしまう。

前菜

座りが苦手の私たちは、昼はテラス席で頂きます。

えび


お店は,長坂の<3分一湧水>前の踏切を越えたところ。
別荘の中の一軒、という感じ。

「照坊ず」

http://r.gnavi.co.jp/mczybkjj0000/


今までにも洒落ていて美味しいレストランやパン屋さん、
お蕎麦屋さん、ピザ屋さんと御馴染みが沢山できたけど、
思い出深いお店の一つです。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



暑さから逃れて、山小屋へ行ってきました。
悩まされる腰痛が少しでも良くなるように、近くの温泉に
朝晩通って少しは楽になったかな?

でも、今回はもう一つ大事な役目が…。

長い間、使用した山小屋を閉鎖する為、家財の整理という大仕事。

小さいながらも30年間使う内に、何やかやと家財は増えて
結構な量に。

レンジや冷蔵庫の他にも寝具、炬燵、子供たちのスキー靴、
バーベキュー用の台などなど。

一つ一つに想い出は尽きないけれど今、処理をしなければ来年はもっとキツくなる。

パパも、もうそろそろ車の免許証を返上するつもりと。

帰りの車窓に、悲喜こもごもの想い出が、次々と蘇ってきました。

私たち夫婦の、活気あった一場面に自ら、幕を降ろしたという思いで、
寂しさの反面、ホッとしています。

さあ、年代にふさわしい新しい楽しみを探さなければ!

その前に、先ずは腰の痛さを克服しなければ(^_^;)です。


 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



旅先で受けた軽い?膝着きでこんなに長い間、腰の痛みに悩まされるとは。

整形外科では、レントゲンで骨の異常さえ見つからなければ、あとは、
痛み止めと湿布だけ。

いつもお世話になっている鍼灸院でも、指圧やらお灸やら鍼やら試すが、
なかなか思う通りにはいかず、でも、薄紙を(箔かな?)剥ぐようには僅かずつ
動けるようになってきていた。

遂に鍼の先生が言った「腹筋が弱ったいるから、そろそろトレーニングを始めた方がいいですよ」って。

痛くて、ずっと腰ベルト巻いていたからそうかもしれない。

1か月ぶりに、ジムへ行った。
ジムと言っても、女性専用でマシーンと有酸素運動をリズムに合わせて交互に繰り返すだけだが、
3周(30分)すると結構いい汗が出る。
おなじみのインストラクターや、友人に「ひさしぶり!」と声を掛けられるだけでも、
「復活しなきゃー」の元気をもらえる。

心配したリバウンドもなくて、帰り道は、30分歩く。

でもやり過ぎは怖い。
歳をいつも頭に入れて用心しながら、それでも、1歩踏み出さなければ。

人生のゴールまでは、まだ長そうだもの。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



ダイヤモンド・プリンセスの日本発着クルーズが今年だけで14本が予定され
今後参加してみようと思う人たちも増えてくることでしょう。

外国船の為1度は必ず海外に出なければならないので、パスポートが必要ですが
移動に荷物を持ち運ばなくてよい利便性は、やはり国内発着です。

以前は日本近海の揺れはひどいと聞かされていましたが、船の構造もあって
ほとんど不安はありませんでした。
でも、酔い止めは用意した方が安心です。

船内で親しくなったご夫婦は、すっかりクルージングの虜になったようで
昨年に引き続き、来年の予約も済ませていました。

こうなると、、時間に余裕のできた高齢者に向いているのでしょうか。

言葉の不自由は、ほとんど感じませんでした。
80歳代と思えるオーストリア人のご夫婦と、ランチをご一緒しましたが、
成田空港から、送迎のバスで横浜港に来たと聞いて、そのパワーに感動しました。
私たちもまだ頑張らなくちゃあ。

クルージングの良さは、その人のペース、体調の具合や天気の様子で
その日の行動が自由に決められることです。、
転んで、翌日のツアーのキャンセルをしたとき、「希望者に売れました」と、
連絡がありました。

見たい場所が近場なら、岸壁で待っている無料のシャトルバスを有効に使うのも手だと知りました。

フオーマルナイトのシャンパン・ウォーターフォール
記念写真を狙っていたら、ディナーを早く切り上げて参加することをお勧めします。
長い列に決して驚かずに、根気よく並んでください。
よい記念写真が撮れますよ。

シャンパン4



無料のモーニングサービス
1度は頼んで、ゆったりとした朝食を楽しんでみて。
チップは最終日の請求書に他の日の分と一緒に加算されるので、心配ありません。

ルームサービリス

反省した事
船内の履物は、ディナーやフオーマルナイト用の靴を一足用意する以外はスニーカーが一番です。
特に、デッキは濡れていないようでも、わずかに揺れているのか転ぶ危険があります。
くれぐれも、サンダル靴などで歩き回らないように。 経験者が語る…です。


我怪や、具合の悪い時は臆せず、医療センターに連絡
ドクターもとっても親切で、言葉が通じなくても日本人の看護師が傍で通訳してくれます。
医療費は掛かりますが、海外保険で後で戻ってきますから、請求書はなくさないように。


お勧めする小物

やわらかい日本のフェイスタオル→船内の厚手のタオルは絞りにくいので、
      大浴場へ行く時も持っていきました。
マグネットフック→部屋から出る時かならず首から掛けるカードキー。
      部屋に戻ったら ドアの内側に掛けておくと探すこともないし、毎日とても便利でした。
  (これらは、出発前にどなたかのブログのアドバイスを頂きました)



毎晩9時過ぎに配布されるパター(船内新聞)を参考にして、1日の予定を立てます。

下船した直後は、これが最後!と思っていましたが、機会があればまた参加できたら
いいなと思っています。
それまで、元気にしていればですけど、人生楽しい目標も大切ですよね。

<このブログを参考にして下さった方がいたら、楽しかった旅のご報告をお待ちしています。>

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
  にほんブログ村 主婦日記ブログ 70代主婦へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。